過払い金

HOME

過払い金は過去のグレーゾーン金利が適用されていた時期に消費者金融などから借り入れをしていた場合に発生している可能性があり、余計に支払ったお金になりますので申し立てを行えば取り返すことができます。
ただ申し立てを行おうにも個人でできる範囲は限られていますので、法律家に依頼をして取り戻すための手続きをお願いする事になるのですが、その際にどこに相談すると良いのでしょうか。

 

はじめに候補として挙げられるのは弁護士で、法律に関わる手続きの多くや民事に関する交渉などを行うことができますので、依頼先としては一番確実になります。

 

ただ弁護士といっても普段あまり馴染みがないもので、どこに依頼すべきか分からない方も多いかとおもわれますが、そうした時には過払い金の請求などホームページで検索していただければ過払い金の請求を専門で行う弁護士事務所を見つけられます。
続いて候補として挙げられるのは司法書士で、弁護士に次ぐ法律の専門家になりますので過払い金の請求についても適時対応してくれます。

どこに過払い金の請求をお願いするのがベストになるか

過払い金の請求を行う際には弁護士・司法書士の2つが候補として挙げられ、この中から相談先を選択する事になるのですが、確実によりスムーズに手続きを済ませるにはどこにお願いするのがベストになるのでしょうか。
まず行政書士に関してはそもそも行政関係の書類を作成するための専門家であるため、過払い金関係の相談はできますが、実際には請求行為をすることはできません。
また、代理人としての権限もないためあくまで相談するだけになります。

 

 

続いて司法書士は法務局へ提出する登記書類などから裁判所へ提出する訴状などの書類を作成するための専門家で、法律関係に非常に強く簡裁代理権を得た司法書士であれば弁護士とほぼ同様に代理人となることが可能です。

 

一方で弁護士の場合は、他の資格者と比較すると職権や知識・経験などは比べものにならないほど上位であり、消費者金融などを相手にした過払い金の請求を依頼する際にはもっともベストな選択肢になります。
ただ相談をする際には個々の弁護士事務所で専門分野がありますので、過払い金関係に明るい事務所を探すと良いでしょう。