過払い金

過払い金の請求を行ったら、ブラックリストに登録されますか?

債務整理の無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

 

ブラックリストとは金融業界で信用情報機関に登録する個人情報のことを指していて、例えばクレジットカードを使用した方が一定期間返済が滞ったり破産した場合に事故情報が登録されることになります。
リストという名称であることから、遅延や破産があった人物のみをピックアップしたリストが存在するかのようにも思われているのですが、実際には他の個人情報と同様に区分けせずフラットに取り扱われており、その中で返済に関わるトラブルがあった方にのみ事故情報(異動情報・延滞情報・ネガティブ情報)などが記録されることになります。
この個人情報は金融業界をまたに掛けて各社が信用情報機関に情報を提供すると共に、またその一方で自社に融資の相談がきた場合にはその人物について情報機関に問合せを行い、他社での借り入れ残高や過去の履歴などを調べ信用できる人物であるかを確認する中で融資を行うか否かを決定しています。

 

となれば消費者金融にとっては大きな痛手となる過払い金の請求をおこなわれた場合には、その申し立て人はブラックリストに登録されるのではないかと心配されるところですが、実際にリスト入りすることはあるのでしょうか。

リスト入りの心配は無い

実は以前であれば信用情報機関の個人情報に過払い金の請求を行った事が記録されており、事故情報と同様にまるで過去に問題があったかのようにブラック扱いされていることがありました。
しかしこの点については2010年に金融庁の方針により、過払い金の請求を行った履歴については削除することが決定し、現在では信用情報機関に記録は一切残りませんので安心して申し立てを行うことが可能になります。

 

ただその一方で気をつけておきたいのは消費者金融に残されている社内で記録された個人情報です。
信用情報機関には記録が残されることは無いのですが、社内情報には依然として記録が残されており、金融庁の方針はあくまで信用情報機関を対象としたものになりますので、個々の会社が管理している個人情報までが対象に含まれているわけではありません。

 

では記録が残されていた場合にはどのような不利益があるのでしょうか、もっとも可能性として高いのはその会社で次回に融資を受けようと申込んでも断わられることで、やはり会社に少なからぬ損失を与えた利用者については排除される可能性が高く、融資を受けたい場合には他の消費者金融などに申し込むしかありません。

 

債務整理の無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓