過払い金

過払い金を自分で取り戻すことは可能ですか?

債務整理の無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

 

余計に支払ったお金を取り戻す際には、一般的に弁護士や司法書士などの専門家に依頼して、消費者金融との交渉や手続きをお願いする事になります。
専門家が対応してくれることでご自身が時間や手間を掛けることなく安心して任せることができるのですが、その一方で自分で取り戻すことは可能なのでしょうか。

 

実は過払い金についてはご自身で手続きをすることは可能であり、まず始めに行うのは消費者金融などご自身で借りたことがある会社に取引履歴の開示請求を行います。
いつどれくらいのお金を借りて返済したかを細かく確認するためには請求が必須になり、また一つの会社でなく複数の会社から借り入れがある場合はその全てに請求を行いましょう。
続いて取引履歴を手にすることができたら、実際にお金を余計に払いすぎていたかを確認するために引き直し計算をする事になります。

 

この引き直し計算に関してはネットで検索すれば無料で使えるソフトやエクセルなどもありますが、少し難しい計算をする必要がありますが金額を割り出すことができます。
この引き直し計算の結果、必要以上の利息がとられていた場合には消費者金融などに過払い金返還請求書を送付する事になります。

本当に自分で過払い金を取り戻すことは可能か?

上記の一連の手続きは思ったより難しいものではなく、計算を行う際には専用のソフトを使えば割と簡単に行えますし、また過払い金返還請求書など業者への提出書類を作成する際にもネット上にはテンプレートがありますので、いずれも手続きは楽になります。

 

ただ簡単に手続きができるのと、実際にお金を取り戻せるかについてはまた別の話で、例えば過払い金の返還請求書を送付する際には相手に無視されないように一定の法的な知識が必要になることや、また業者側に足元を見られて返ってくるお金が減らされる場合もありますので、必ずしもご自身で行うことにメリットがあるわけではありません。

 

確かに弁護士や司法書士などを利用した場合には一定の費用が掛かります。返還されるお金が少ない場合には余計なコストは掛けたくないと考えるのは当然です。
ただ一般の方が消費者金融と話し合いを行っても、金融関係の法律に詳しく交渉事に巧みな相手を敵に回して多くお金を取り返すことができる方はまずおりません。最初から法律家に頼んでより多く過払い金の請求をしていただいた方が結果的にプラス収支になることが多いと思います。

 

債務整理の無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓